超絶かっこいい木製ロードバイクがやばい!!

  

この完全木製ロードバイクなんと日本製

タイヤやチェーン以外の出来る限りの部分が木でできています。

フレームも、ハンドルも、サドルまで・・・すごい!
重いのかと思ったら、木はカーボンより軽いそうです。
しかも丈夫!重さは約7.5kg。
マホガニーという高級家具や楽器に使用されている木材で作られているそうですよ。

世界最大級のユーロバイクショー2009に招待され出たところ

招待した企業から約260万円の値が付けられたそうです。
しかも3台注文があったとか!
このすごい自転車を作ったのは、佐野末四郎さん。

なんと船大工さんでした。しかも佐野造船所の9代目。
200年続く、江戸の和船を継承する、歴史ある家のご出身です。

2007年、造船を一休みし、木製自転車を手掛ける。
2008年、1号機完成。年内に進化させ4号機まで完成させる。
2009年、3号機をハンドメイドバイシクルフェアに出品。受賞。
ユーロバイク2009に出展。高い評価を得る。
レース仕様の7kg台マホガニー木製自転車7号機完成。
2014年 日本科学未来館「THE 日本一展」にて展示。船大工として、技術を高めた後に自転車づくりを始めたんですね。
船大工さんが、家具や自転車を作るってのも面白いですが
根幹に木材加工技術があってこそ。
まさに、一芸は道に通ずるってところでしょうか。
速度、走り心地、そして気になる価格

時速は余裕で30kmは出るそうです

レースでは50から80kmだとか

価格は260万!!

超高額です、ハンドメイドなので2021年まで予約待ちだそうです

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中