自分のTwitterアカウントが乗っ取られているか確認できる機能が実装されたぞ!確認不可避。

 
 
ツイッター社は本日より自分のアカウントでログインした端末やアプリを確認できるWebアプリのダッシュボード「Twitterデータ」を発表した。アカウントを乗っ取られてログインされていたら、このダッシュボードで発見できる。

(現在PCでツイッターを閲覧した時限定の機能の模様)

ログイン履歴では、ログインしたアプリ、日時、場所が分かる。なお、場所はTwitterにアクセスするために使われるIPアドレスのものなので、例えばVineなどのアプリの場合はログイン場所が「アメリカ合衆国」になってしまう。
Twitterデータを表示するには、Twitter.comにログインし、[設定]→[Twitterデータ]を選択する。
  
  
他にもアカウント作成日やメールアドレス、連携しているアプリ一覧、ミュートやブロックしているアカウントの一覧なども確認できる。

ログイン履歴で身に覚えのないアプリからのログインがあった場合は、Twitterデータの「その他のデータ」にある「連携しているアプリ」をクリックして表示されるアプリリストで[許可を取り消す]で連携を解除できる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中