今夜は”みずがめ座流星群”観測のチャンス!ペルセウス座流星群に匹敵するほどの流星群

極大は6日23時頃だが7日明け方が最も見頃

みずがめ座η(エータ)流星群の元となる天体は「ハレー彗星」。
星は青白く、見え方が速く、痕を残すのが特徴です。

南半球ではペルセウス座流星群にも匹敵するほどの最大級の大流星群ですが、日本では1時間に10個観測できれば上々・・・・です。

放射点が空の低い位置であることから、条件が良ければ上空へと流れるようにふわっと浮かび上がるように見られそう。

①見晴らしの良い場所を選びましょう。
②街の明かりなどが少ない方向を眺めましょう。
※月齢は17.3~18.3。
満月を過ぎたばかりの大きな月が南の夜空を照らすため、月が視界に入らない方向が良さそうです。
③空全体を広く見渡すようにしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中