犯罪者の心理:悪名高き凶悪犯罪者が残した13の言葉

no title

犯罪者心理の謎─凶悪犯罪の陰に隠された秘密』という新刊本の内容は、誘拐、拷問、殺人などを犯した、世界でもっとも憎むべき狂った犯罪者たちの心理を冷静に考察したものだ。

この本には凶悪犯罪者たちの残した言葉が収録されている。そのいくつかを見ていこう。

1.サンフランシスコの連続殺人犯ゾディアック
1_e1

俺は人間を殺すのが好きだ。なぜって、とても楽しいからだ。森で野生動物を殺すのよりずっとおもしろい。だって、人間が動物の中でもっとも危険な生き物だからだよ。」


サンフランシスコの連続殺人犯ゾディアックが、地元警察に宛てた手紙の中で語った言葉である。ゾディアックは1968年から1974年のサンフランシスコで警察が確認できただけで少なくとも5名を殺害したとされている。現在も犯人不明のまま、事件は解決されていない。「ゾディアック」は犯人が手紙の中で使っていた自称である。

2. テキサスの連続殺人犯ヘンリー・リー・ルーカス
2_e3

サツをバカにしてやった。テキサスの警察をめちゃくちゃにしたくてたまらなかったんだ。


全米17州で300人以上を殺害していると言われる。著名なシリアルキラーの1人である。2001年3月13日に死刑執行された。この言葉は複数の殺人の罪で取り調べを受けているときに発せられたものだ。

毒殺以外のありとあらゆる殺しを行ったと彼は語っている。2001年、テキサス州ウィリアムソン郡ジョージタウン刑務所内にて心臓発作で死亡。64歳没。遺体を引き取りに来た身内はいなかった。

3.カルト集団のリーダー、チャールス・マンソン
3_e3

わたしは神だ。あんたがそれを受け入れようと、受け入れまいと、そんなことは気にしない。


マンソン・ファミリーが関与したとされる10の死の謎

4. クリーブランドの誘拐犯アリエル・カストロ
4_e3

俺は怪物なんかじゃない。ただの病気なんだ。


米オハイオ州クリーブランドで女性3人を10年間監禁していた元スクールバスの運転手。監禁した女性を死産させていたことも判明した。この言葉は法廷での16分間の陳述の中の言葉である。

5. 女優射殺のフィル・スペクター
5_e2

誰かを殺したような気がする。


アメリカの音楽プロデューサー、フィル・スペクターは女優ラナ・クラークソンを射殺した容疑で逮捕された。この言葉は銃を手にしたまま言った言葉である。一度は釈放されたものの、2009年4月13日、検察の申し立てを受けた2度目の審理で、第2級殺人罪で禁固19年の判決が言い渡された。現在はカリフォルニア州立刑務所の薬物中毒治療施設に収監されている。

6. ロシアの連続殺人犯アンドレイ・チカチーロ
6_e1

俺は自然の失敗作だ。狂ったけだものなんだ。


1978年から1990年にかけて、ロシアで52人の女子供を殺害したとしたとされるウクライナ生まれの殺人犯。当時のソビエト連邦では、「連続殺人は資本主義の弊害によるものであり、この種の犯罪は存在しない」というのが公式の見解であった。

7. サイコパス殺人鬼ジョージ・エミール・バンクス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中