都市伝説をまとめてみた件

友達に頼まれたので都市伝説まとめてみました。

最近ではよくテレビでもやっている都市伝説、怖いやつもあれば完全にネタなやつまで様々アニメ系都市伝説

となりのトトロ

今では割と有名な都市伝説かもしれない。
となりのトトロに出てくるさつきとメイはあのときすでに死んでいたという都市伝説である。

物語の後半でメイが迷子になり、池に落ちてしまったのではないかと心配するお婆さんたちの前でサンダルが発見される。
これはもしやメイのサンダルではないか、と色めき立つ大人たちに、さつきは「これメイのじゃない!」と言って安心させるシーンであるがここでメイは
死んでいたのではないか?という都市伝説がある。
なぜかと言えば直前で映し出されたメイのサンダルと、池で発見されたサンダル、作画上は同じサンダルにしか見えないのだ。
またこれ以降、メイに影がないなどと言う話もあったが、これは都市伝説で有名な島田秀平氏が確認している。
影がないという話は嘘であったが、しかし前半より後半の影は明らかに薄くなっていると言う。
少なくとも管理人が確認するかぎりでもそう見える。
確認はとれていないが、さつきがメイを探すシーンでなぜかお地蔵さんがフラッシュバックするシーンがある。
その場面をコマ送りするとお地蔵さんの下に傷でメイと彫られているという噂もある。
さらに4体のお地蔵さんの横にメイが座っているシーンも挿入の意味が不可解で、不吉な連想をさせずにはおかないように思えるのだ。

最大の問題はあれほど苦労していったにもかかわらず二人が病院のお母さんに会わずにいることである。
なぜがトウモロコシだけが置いてあり、木の上で二人が笑っているシーンで、お母さんが今、さつきとメイが笑った気がすると呟く。
そのときさつきもメイもこの世のものではなかったのではないか?

トトロの舞台が埼玉県の狭山市であることは有名である。
さつきとメイのお母さんが入院している七国山病院とよく似た名前の八国山病院も同じ狭山市に存在した。
その地ではある全国的に有名な事件があった。
1963年5月、ある姉妹の妹が学校帰りに行方不明になり、暴行されたうえ惨殺された事件で犯人とされた青年が被差別部落の出身であったこともあって全国的に注目を集めた。
世に言う狭山事件である。
同じ仲の良い姉妹の行方不明事件、そして狭山事件が5月に発生していることから、さつきとメイ(5月を表す)という名前にしたのではないか?
そんな噂が広がったのである。
監督の宮崎駿氏は学生時代左翼運動を活動しており、狭山事件に興味をひかれるのはありえる予想ではあった。

さらにトトロの名の由来だが、所沢のお化けだからトトロという噂もあるが、一説にはトロールから来ているのではないか。
主に北欧で有名な怪物で子供を地下世界へさらうことでも知られている。
だからトロールが見える人間というのはすでに死んでしまった人間、あるいは死期の近い人間だけなのではないか?
主題歌で子供の時にだけあなたに訪れる~♪と言いながら隣の家のカン太には見えない。
姉のさつきも最初はトトロが見えなかった。
しかしメイが迷子になったとき、トトロの家にいったさつきは「妹が一人で泣いているの。妹のところに連れて行って」そう言った瞬間トトロが見える。
それでは妹のところとはどこなのか?あの世ではないのか?というわけである。

IMG_0627

都市伝説として言われるようになったシーンは、冒頭に起こる。ここでは、千尋の父が運転し、母と千尋が乗車しているシーンがある。

そして、引越し先になる場所へと車で走っているのだが、途中で道に迷ってしまうのである。

実は、この時に車は事故に遭遇しており、三途の川を渡り死後の世界に行ったのではないか?というのが、都市伝説として話題になっている。

実際に、川を渡るシーンなどもあるが、それらが冒頭に出てきているということが、この都市伝説におけるキーワードとなっている。

トンネルの向こうには不思議な光景が広がっていることに驚いた千尋は様々な不思議なことに立ち向かっていく。そして、八百万の神々とも接点を持つことになる。

現実的な世界では有り得ることのない世界が目の前には広がっていることから、千尋は驚きを隠せないでいる。

ただ、いつしかその世界に慣れていく。ハクという人物は、不思議なキレイな川を渡ることができない。

実は、ハクはもう現実世界には帰ることができない存在だからだ。

ハクの最後の言葉を思い出して欲しい。そこには、意味深なことが多く入っていることが理解できるはずだ。

IMG_0628

死後の世界では電車が通っている。そこには、「火垂るの墓」に登場する、節子がいると話題になっている。

同じジブリ作品である「火垂るの墓」では、節子は死亡している。

千と千尋の神隠しの世界では、駅のホームでじっとこちらを見ていることが言われている。これは、死後の世界で兄が来るのを待っているのではないか?と言われているのである。

節子が出てきているということで、死後の世界であることは実証されたのだ。

こうしたことが重なった関係で、「死後の世界の話」という都市伝説が誕生したという訳だ。

千と千尋の神隠しには様々な都市伝説があるが、「死後の世界の話」が一番知られている。

次に紹介するのはテレビでも放送され割と有名なsiriに関する都市伝説。

今では誰もが知っているiPhone。

そのiPhoneの中にある音声認識機能がsiriである。

そのsiriにあることを話しかけると妙に怖い返事が帰ってくる。

あることとは”イライザについて教えてください”である。

これを話しかけるとこう帰ってくる。

IMG_0629

この画像からわかるのはイライザはsiriの師匠的存在だったこと

またイライザは自分で思考できるということだ。

siriは”でも彼女は少しマイナス思考でしたね”と言っている、つまりイライザにはマイナスやプラスの思考が可能であるということがわかる。

つまりイライザは高精度な人工知能なのかもしれない。

そして映画、マトリックスのような機械が人間を支配するときが来るかもしれない。

実際にsiriに”Twitterを起動して”と言うとTwitterを起動してくれる。

そんな便利なsiriは実は

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中